ピルビスワークを通して 美しく生きる "人間美" を確立し、"綺麗なからだ" と "やさしい心" が調和した豊かなライフスタイルの実現を提案します。
ボディー・レボリューション社「美しく生きる”人間美”を確立し、”健康なからだ”と
”やさしい心”が調和したライフスタイルの実現」を提案します。
骨盤矯正 骨盤美容 骨盤体操 ピルビスワークの 立花みどりボディレボリューションへのお電話はこちら
TOP骨盤コラム>そもそも骨盤とは?その重要な役割

そもそも骨盤とは?その重要な役割

2017年01月11日

今日は骨盤のメカニズムと、体調・体型に与える影響についてご説明します。

骨盤 骨盤は、仙骨(せんこつ)、腸骨(腸骨)、尾骨(尾骨)という3つの骨からできています。
体の中心に位置しており、骨盤が支える背骨、あばら骨、肩甲骨、頭蓋骨などの人間の姿勢を支える土台、という大きな役割があります。 その土台である骨盤のバランスを整え、機能性を高めることで、体のさまざまな部分にいい影響を与えることができます。
また、骨盤は他の器官に影響を与えるだけでなく、土台ゆえに逆に他の器官からの影響も非常によく受けるパーツでもあります。

骨盤は大きく分けて、仙骨(せんこつ)、腸骨(ちょうこつ)、座骨(ざこつ)、恥骨(ちこつ)という4つの骨からできています。
この4つの骨同士の間にはわずかな隙間があり、呼吸をするたびにその隙間が緩んだり締まったりして骨は動いています。そのため、年月をかけて形が変わったり、偏り(ゆがみ)が生じることもありますが、骨盤の可動性(動かせる範囲)が高い人はその骨の動きによって、外からの圧力や衝撃を緩和させ、自在に体を動かすことができます。

「呼吸をすることで骨が緩んだり締まったりを繰り返している・・・」
この人体のメカニズムがとても重要です。
日常から運動習慣が無く、背中を丸めたような姿勢が続くと呼吸が浅く短くなり、息が詰まるような感覚になります。すると、呼吸が上手くできていない体は骨も緩んだり締まったりする動きが小さくなってしまうため、骨盤の変形や偏りが定着してしまい腰痛や股関節痛、肩こり、生理痛などの不定愁訴へつながってしまうのです。

特に若い女性では、腹筋力の低下から背中が緊張しすぎて腰が反り返ってしまっている方を多く見かけます。
腰が反りすぎる方は骨盤が極端に前傾しています。
骨盤は前傾すると腸骨(腰骨)が外側広がってしまうため、いわゆる「骨盤が開いた」状態になります。
骨盤が開くと、そこに上から内臓が下垂してきてしまうため、どんなにダイエットをしても下腹部だけが痩せない・・・という体型の崩れが起きてしまうのです。

ピルビスワークは、この骨盤と後頭骨を連動させた呼吸法を軸にした一連の運動で、骨盤の可動性を高め、骨盤を正しい位置で支える筋力を育て、本来の体調・体型を取り戻す力を上げます。
どんなダイエット法をやっても、どんな運動をしてもなかなか成果が感じられない方は一度ピルビスワークをお試しください。

骨盤矯正・骨盤運動・骨盤美容の立花みどり

立花みどり の骨盤コラム

日本で「骨盤」が美容や健康に欠かせない分野となった歴史はとても浅く、私たちは骨盤を中心とした美容・健康ブームの先駆け的な存在でもあります。
このピルビスワークを子どもから高齢者まで多くの方々に生活に取り入れやすい形で広め、身体からのアプローチで心まで健康にその生活を充実させていくこと、 また多くの人がピルビスワーカーを職業としてより多くの人の健康や美に貢献できるような仕組みづくりを目指しています。

>>立花みどりプロフィール

骨盤矯正 骨盤美容 骨盤体操 ピルビスワークの先駆者立花みどりプロフィール

独自の「立花メソッド」をもとにした”即効性”のあるボディメイキングの手わざが人気を集め、そのオリジナルコースには多くの有名人、セレブが通うカリスマボディアナリスト。 中でも骨盤矯正・姿勢矯正を中心とした心身両面からのトータル美容健康法では第一人者との高い評価をうけています。


一般社団法人日本ピルビスワーク協会