ピルビスワークを通して 美しく生きる "人間美" を確立し、"綺麗なからだ" と "やさしい心" が調和した豊かなライフスタイルの実現を提案します。
ボディー・レボリューション社「美しく生きる”人間美”を確立し、”健康なからだ”と
”やさしい心”が調和したライフスタイルの実現」を提案します。
骨盤矯正 骨盤美容 骨盤体操 ピルビスワークの 立花みどりボディレボリューションへのお電話はこちら
TOP骨盤コラム>骨盤の役割とは?

骨盤の役割とは?

2017年02月15日

骨盤は美容にも健康にも大切な役割を果たしています。
 
その役割とは次の3つ。
 
1)子宮や卵巣といった生殖機能、腸などの大切な臓器を守っている
2)骨格の中心に位置し、背骨や股関節につながってカラダを支えている
3)神経や血管が集まって通り道になっている
 
そんな骨盤に不調があれば、体全体に影響が出てしまいます。
 
まず骨盤が歪んで開いた状態になってしまうと、中に収まっている臓器の位置も下がり、下腹部がポコっと出た体型になってしまいます。
腸の動きも鈍くなって便秘になりやすく、女性なら子宮や卵巣の正常な働きが阻害され、生理痛や生理不順の要因になることもあります。
また、骨盤のゆがみに連動して背骨や股関節、肋骨などもゆがむと、周囲の筋肉はそれを支えたり、元に戻ろうとして硬直しコリや痛みの原因になります。
血液やリンパ液の流れも悪くなりますのでむくみも出やすく脂肪もつきやすくなります。
 
 
ただ、実際はわたしたちのカラダは毎日の生活のなかで少しづつゆがんでいきます。
これはもう生活していたら仕方のないことです。まったくゆがみのない体をしている人はいないのです。
ですが健康な骨盤を持っている人はゆがみが少ないもの事実。
なぜなら健康な骨盤はスムーズに前後、上下、開閉の動きを繰り返し、ゆがみを調整できるから。
骨盤も骨格も本来はそうやって動くことで自然にゆがみが緩和されていきます。
 
この本来のチカラを発揮できなくするのが現代のライフスタイルです。
昔は、畳に正座したり、和式トイレでしゃがんだり、毎日の生活で立ったり座ったりを多く繰り返していました。
かまどのごはん炊き、洗濯板での洗濯、風呂わかしなどもすべてこの立ったりしゃがんだりの動作です。
そうすることで骨盤底筋群が鍛えられていたのですが、生活スタイルの変化によってこの動作が激減してしまいました。
また、現代はそうした習慣がなくなったことに加えて、高いヒールの靴を履いたり、長時間の椅子に座ってのデスクワークをしたりと、骨盤に大きな負担を強いるライフスタイルに変わってきています。
 
昔なら意識をしていなくてもできていたことを、今はきちんと意識してケアをする必要があるのです。

骨盤矯正・骨盤運動・骨盤美容の立花みどり

立花みどり の骨盤コラム

日本で「骨盤」が美容や健康に欠かせない分野となった歴史はとても浅く、私たちは骨盤を中心とした美容・健康ブームの先駆け的な存在でもあります。
このピルビスワークを子どもから高齢者まで多くの方々に生活に取り入れやすい形で広め、身体からのアプローチで心まで健康にその生活を充実させていくこと、 また多くの人がピルビスワーカーを職業としてより多くの人の健康や美に貢献できるような仕組みづくりを目指しています。

>>立花みどりプロフィール

骨盤矯正 骨盤美容 骨盤体操 ピルビスワークの先駆者立花みどりプロフィール

独自の「立花メソッド」をもとにした”即効性”のあるボディメイキングの手わざが人気を集め、そのオリジナルコースには多くの有名人、セレブが通うカリスマボディアナリスト。 中でも骨盤矯正・姿勢矯正を中心とした心身両面からのトータル美容健康法では第一人者との高い評価をうけています。


一般社団法人日本ピルビスワーク協会